大阪を知れば、もっと大阪が楽しくなる

【動画】大阪・関西万博開催地「夢洲」で「夢洲超花火」開催へ 日本最大級の4万5000発

 大阪・関西万博開催地の「夢洲」(大阪市此花区)で5月4日、日本最大級4万5000発以上の花火を打ち上げるオンライン視聴型花火「レッツゴー万博2025カウントダウン4 夢洲超花火」が開かれる。主催はレッツゴー万博2025実行委員会。

 

大阪・関西万博の開催地「夢洲」
大阪・関西万博の開催地「夢洲」

 新型コロナウイルス感染症の退散祈願、被害者の鎮魂、医療従事者への感謝を目的とした「オンライン視聴型花火」。2020年にイベント中止を余儀なくされ残った花火を買い取ることで花火師の救済と日本の伝統文化継承や、大阪・関西万博に向けたカウントダウンイベントとしても開催する。

 

 3月からクラウドファンディングを開始して出資者を募り、支援のリターンとして、公式記念BOOKや記念品の贈呈、ライブ配信のエンドロールに名前の掲載などを予定する。支援金の一部は、医療支援団体を通して、新型コロナウイルスのワクチンが不足している開発途上国の医療関係者へのワクチン支援に活用するという。

 

ドローンによるエンターテインメントショー
ドローンによるエンターテインメントショー

 当日は花火のほか、LEDを搭載したドローン800台以上を使い、一台一台が光の粒となり、計算され尽くした完璧なフォーメーションで、夜空に様々なモチーフを描き出す最先端のエンターテインメントショーも展開する予定。

 
 2月16日に行われた記者会見で白濱良太実行委員長は「万博を世の中に広めて未来に希望を生み出したい。その想いとコロナで暗い雰囲気を明るい方向に風向きを変えたい。そんな想いで開催準備を進めてきた。コロナで大変な想いをしている方々がたくさんいる。昨年全国で打ち上がる予定だった花火を買い集めて、それを夢洲の夜空に上げようと。このイベントが自治体、行政、関係各所の方々のご協力と多くのスポンサー企業様のご支援によって実現することができる。下を向いた世の中ですが物理的に上に向けるだけでなく、未来まで視点を向けるような、そんなイベントを大成功させるために引き続き全力で努力していきたい」と話した。

 

 観覧方法は、ライブ配信のオンライン視聴(一般席は設けない) 、協賛社(者)専用の観覧スペースを設置(間隔をとり、車両での来場のみ)。

夢洲超花火公式サイト:https://yumeshima2021.jp/

PHOTO GALLERY

  • 「レッツゴー万博2025カウントダウン4 夢洲超花火」

OTHER NEWS

シェア

運営者情報